【一般的なお葬式の流れ】

通夜式

通夜式の流れ

通夜式

通夜式の席次、席順

祭壇を中心として右側が喪主、遺族、親族の席になります。祭壇に近い上座ほど故人様と縁が深かった人が座ります。逆の左側は世話役代表が最も祭壇寄りの上座となり、その後に友人→知人→職場関係の人が順に座ります。一般弔問客の場合は末席に座ります。※こちらは一般葬の一例です。家族葬や式場、地域によってはこの限りではありません。

通夜式の席次、席順

弔問客の受付

弔問の受付は通夜式開始の1時間前くらいから開始します。受付では香典を受け取り記帳をお願いします。香典を即日返しにする場合は引換券等を渡します。受付時間より早めに来られ、御焼香だけして帰られる方もいらっしゃります。

僧侶を案内する

僧侶が到着したらまず控え室に案内してお茶と茶菓子を出します。僧侶の接待などは全てスタッフが行います。※自宅葬の場合、ご遺族にお願いする事もございます。

僧侶読経

通夜式開始の時間になったら僧侶に読経をお願いします。葬儀場・斎場に案内されて僧侶は入席し、祭壇前に座って読経を始めます。通常30~40分ほど読経をしていただきます。

焼香を行う

読経中に僧侶がまず焼香をします。その後、僧侶か、または司会者、スタッフから「ご焼香をどうぞ」と合図がありますので、喪主→遺族→近親者→一般弔問客と、故人様と縁が深い順に焼香をしていきます。※地域により異なります。基本的に通夜は前席からのご案内です。自宅で祭壇の間が狭かったり、参列者が多くて仏前への出入りに無理がある場合には「回し焼香」にします。基本的に関西では通夜の際に御焼香順位はありません。

 

焼香を終えると一般の弔問客は帰られる方が多いです。その際にはスタッフが返礼品をお渡しいたします。

僧侶の退場

読経が終わると僧侶に法話をいただきます。※必ず法話があるわけではありません。

その後僧侶が控え室に退場して通夜式は終わりです。

喪主の挨拶

僧侶が退場した後、喪主は遺族を代表して弔問客に通夜に参加いただいたことのお礼と故人様に対する生前の厚諠(こうぎ)を感謝し、手短に挨拶します。関西では司会者が代弁をすることもございます。

通夜振る舞い

弔問していただいた親族に対する感謝のしるしの飲食接待です。関西ではあまり一般の弔問客は食事を取られませんが、ご遺族の希望により用意する場合もあります。会食前に一言喪主が挨拶をするのが一般的です。通夜は書いて字の如く「夜を通して」故人を偲びます。お身体の無理のないようにごゆっくりしてください。※但し、式場によっては制限がある場合がございます。

【一般的なお葬式の流れ】