【一般的なお葬式の流れ】

出棺

出棺の流れ

※「ひつぎ」という漢字は「棺」と「柩」があります。棺桶そのものを指す場合は「棺」、故人のご遺体が収められている場合は「柩」を使います。「柩」という漢字には箱の中に人が入っているという意味があり、霊柩車も「柩」の漢字が使われます。

お別れの儀

祭壇からお棺を下ろし、遺族・親族・関係者による故人との最後のお別れをします。この時、参列者には座ったまま待機してもらいます。スタッフが棺のふたを開け、近づくように促しますので喪主が最も近づき、関係の深い順に取り囲みます。祭壇に飾られた花や、供花の花の部分だけを棺の中に入れていきます。これを「別れ花」といいます。 この際に遺品や手紙など一緒に収めてもかまいません。

お別れの儀

柩を運ぶ

お別れの儀が終わったらお棺の蓋を閉め、お別れの花束を手向けます。その後、遺族・親族の男性6人くらいで棺を霊柩車まで運びます。

喪主の挨拶

お棺を霊柩車に乗せた後は喪主が参列者にお礼の挨拶をし、霊柩車へ乗り込みます。喪主が位牌を、その次に血縁の濃い方が遺影を持ち、喪主がお礼を述べます。

火葬場へ向かう

火葬場へと向かいますので位牌を持った喪主が霊柩車に乗ります。その他の遺族はマイクロバス、または自家用車に乗ります。自家用車で向かう方はあらかじめルートや火葬場の場所を確認しておきましょう。

【一般的なお葬式の流れ】