【一般的なお葬式の流れ】

納棺

ご遺体のエンゼルケア

ご遺体のエンゼルケアは3つの選択肢をご用意しております。

 

①ご納棺のみ
ご遺体の処置は何もせず、御棺に納めた後に洋服や着物、白装束を上からかけます。

②おくり化粧
映画「おくりびと」で脚光を浴びた納棺師がご納棺の前に故人様の着付け、メイク、処置を行います。

③湯灌
専用の浴槽を自宅、式場へご用意して、故人様を清潔に洗体いたします。その後の流れはおくり化粧と同じです。

 

着せ替える洋服や着物が無ければ死装束に着替えさせます。仏衣に着替えさせる場合は経帷子(きょうかたびら…死装束として着せる浄衣のこと)を左前に着せ、手には手甲(てっこう…手首から手の甲部分を保護する布のこと)を、脚には脚絆(きゃはん…すねを保護し、動きやすくするためのもの)を着けます。白足袋は左右逆に履かせます。これはあの世は日常の世界とは逆であるという考え方からです。※こちらは様々な説があります。

多くの方が②か③を選ばれていますが②③は別途料金が必要です。

納棺

通夜の前に、家族が揃ったところで納棺します。①ご納棺のみの場合、弊社スタッフが行います。②③の場合、納棺師がご納棺を行います。故人様が愛用していたものを一緒に納めてあげるのが望ましいです。※お好きだった食べ物、飲物、嗜好品、洋服など。なるべく燃えやすいものを入れてください。

キリスト教の場合…神父や牧師の立ち会いのもと、一同で祈りを捧げ、聖書を朗読して聖歌(賛美歌)を歌い納棺します。
神式の場合…神式の場合、納棺後は毎日生前に故人様が好まれた食べ物かまたは未調理の洗米、塩、水などを供えて礼拝します。

納棺

【一般的なお葬式の流れ】