【一般的なお葬式の流れ】

告別式

告別式の流れ

告別式

告別式の席次、席順

祭壇を中心として右側が喪主、遺族、親族の席になります。祭壇に近い上座ほど故人様と縁が深かった人が座ります。逆の左側は御焼香開き、留御焼香の方が最前列に座ります。その後に一般参列者の人が順に座ります。※図はあくまで一般葬の一例です。家族葬や式場によってはこの限りではないです。最近では、お葬式の際にも御焼香順位が無い事が多くなっています。

告別式の席次、席順

僧侶への挨拶

葬儀開式前に、式場へ到着した僧侶へ挨拶を致します。この際に僧侶へ「御布施」をお渡しするのが一般的です。「本日はよろしくお願いします」この程度の挨拶で大丈夫です。挨拶が終われば席へ着き、開式を待ちます。

僧侶の入場

定刻になると係の案内により僧侶が入場します。皆様はお座りのまま、一同は一礼もしくは合掌してご丁重に迎えます。

開式の辞

司会者(進行係)は「ただいまより故○○○○○の葬儀ならびに告別式を執り行います」というように簡潔に開式を述べます。僧侶の入場前にナレーション(故人様の生い立ちなど)を司会者が述べる場合もございます。

僧侶読経

仏教徒として戒を受ける儀式(受戒)、死者を浄土に導く儀式(引導)など宗派によって葬送儀礼が異なります。

弔辞・弔電の紹介

式の途中で弔電の紹介を司会者が行います。弔辞は故人様と親しかった方やお孫様などに読み上げていただき、弔電は遺族が選んだものを司会者が紹介します。※弔電・弔辞は喪主様の希望で、省略することもあります。

遺族の焼香

弔電の紹介の後は再び僧侶が読経を行います。読経中に司会者、スタッフから合図がありましたら、血縁の濃い方(喪主)から焼香を行います。続いて遺族・親族の焼香が終わると、最後に一般参列者に焼香をしてもらいます。焼香順位を作成されている場合、その通りに焼香を案内いたします。

僧侶の退場

すべての作法が終わると、僧侶は退場します。一同は座ったまま一礼して見送ります。

喪主の挨拶

喪主または親族の代表が挨拶をし、簡潔に謝辞を述べます。司会者が代弁する場合もございます。

【一般的なお葬式の流れ】