【一般的なお葬式の流れ】

ご安置

ご安置の流れ

ご安置

ご逝去後、法律により24時間は火葬することができませんので、ご遺体を安置しなければなりません。病院では長時間のご遺体安置はできませんので、「ご自宅」または「専用の安置所」まで搬送する必要があります。弊社へご相談いただければ、最適なご安置場所をご案内させていただきます。ご遺体を安置場所まで搬送し、お通夜、またはお葬式までご遺体を安置します。その際にご遺体が傷まないよう、スタッフがドライアイスで処置をします。

自宅でのご安置

故人様をご自宅へ搬送し、枕飾り等を施してご安置します。ご自宅ですので気兼ねなくゆっくりと故人様とのお別れの時間を過ごしていただけます。

自宅でのご安置

安置部屋でのご安置

葬儀場等にある安置部屋に搬送し、ご遺体を安置します。葬儀場・斎場にある安置部屋の場合は、お通夜、またはお葬式の際の搬送や移動が不要になるので負担が減ります。ただし別途安置料金が発生します。

安置部屋でのご安置

お預かりでのご安置

ご自宅に安置できない事情があり、安置中付き添うことができませんが、無料なのがお預かりでのご安置です。お通夜、またはお葬式までの間、ご遺体をお預かりして安置施設内で安置します。ご遺族の負担は減りますが対面が出来ないデメリットもあります。

安置施設でのご安置

お打ち合わせ

ご遺族様の希望をお伺いして、最適なお葬式プランをご提案いたします。必ずお見積書を作成して事前に金額を提示いたします。

打ち合わせ

死亡通知

臨終に立ち会えなかった方々に直ちに連絡します。但し、常識的な時間帯にしましょう。危篤の時と同様、電話で簡潔に要点を伝えます。縁者、友人、知人、勤務先(直属の上司)、学校(担任教師)、近隣などありますが葬儀・葬式の日時が決まってから知らせます

電報の場合…電話をしても繋がらない時には電報が便利でしょう。NTTには死亡通知についての緊急定文電報が用意されてます。死亡した人の氏名、死亡日時、通夜式と告別式の日時、発信人の氏名も忘れずに入れましょう。
はがきの場合…社葬などのように葬儀・葬式までに日数のある時には、印刷した正式な「死亡通知状」を出して知らせます。「死亡通知状」は弊社がご用意いたします。

【一般的なお葬式の流れ】