【泉南市・阪南市近辺の方】コロナウィルスでご家族が亡くなられた場合もお任せください

2022/02/24

 

コロナウィルスが猛威を振るいだして2年以上がたちました。

 

マスクで生活するのも慣れてきましたが、未だに収束の目途はたっていません。

 

それどころか2022年に入り、コロナウィルス陽性で亡くなられた方の依頼は増えております。

 

最近では病院の方もコロナでご家族を亡くした遺族へ気を使っていただいてか、拝顔ができるように工夫を施していただいている病院も見かけます。

 

弊社ではコロナウィルスで亡くなられた方の家族葬・骨葬・火葬式も承っております。

 

泉南市・阪南市・田尻町・泉佐野市・岬町・熊取町でお住まいの方は一度ご相談ください。

 

 

コロナウィルスでご家族を亡くされた場合

 

まず、誤解されている方が多いので先にお伝えしておきます。

 

コロナウィルスで亡くなられた場合でもすぐに火葬場で火葬ができるわけではございません。

 

火葬の手続きや、火葬場の営業時間(大体15時まで)に合わせていかないといけません。

 

※例

4月1日午後11時に亡くなられた場合→4月2日の午後に火葬が可能

 

4月2日の15時に亡くなられた場合→4月3日の午後に火葬が可能

 

但し、火葬場の空き加減によってはこの通りいかない事も多々ございます。

 

病院で亡くなられた場合、コロナウィルスで亡くなられた場合でも、火葬まで預かってはくれません。火葬場の予約時間まで別の所でご安置しなくてはならないのです。弊社では安置室をご用意いたしておりますので、火葬までの間そちらでお預かりする事も可能です。

 

またコロナウィルスで亡くなられた場合、24時間以内に火葬が可能なだけであり、必ず24時間以内に火葬を行わないといけないわけではございません。

 

つまり、病院から一度自宅へ連れ帰ることもできますし、お葬式をすることも可能です。

 

但し、病院へお迎えに行かせていただいた際に病院で納棺いたします。そして目張りを行い密閉いたしますので、お顔を直接見たり、触れてあげたり、副葬品を納めたりすることはできません。

 

コロナウィルスで亡くなられた場合、病院では故人様を納体袋と呼ばれる専用の袋で覆います。その状態で御棺へ納棺しますので自宅へ安置してもご遺族が感染したりすることは無いです。また、納体袋は、お顔の部分が透明になっているので、御棺の拝顔窓からは故人様のお顔をみていただくことが可能です。(病院の対応によります)

 

 

火葬式の場合

 

火葬式とは、お葬式を省いて火葬のみ行う一番簡単な方法です。

火葬式プランはこちら

 

コロナウィルスで亡くなられた場合、80%の方がこの方法で行われています。

 

以下のような流れになります。

 

①まずは故人様を寝台車でお迎えに参ります。普通と違うのは、病院で故人様を御棺に納めさせていただきます。病院によっては納める前にお顔を見てお別れが可能な場合もあるのでそのあたりは病院へお尋ねください。

 

②火葬まで弊社安置場またはご自宅で故人様を安置します。火葬の手続き等はこちらで行います。ここで普通と違うのは、24時間を迎えずに、火葬を行えることです。必ず24時間以内に火葬を行わないといけないわけではございません。※通常は法律で24時間経過しないと火葬ができない。

 

③火葬予約日時に火葬場で待ち合わせて火葬を行います。御棺の中に副葬品を納めたり、お花を納めたりすることはできませんが、御棺の上に手向ける事は可能です。また、火葬場によりルールは異なりますが、少人数(5名以内程度)なら火葬場でのご遺族の立会が可能です。

 

 

火葬式の料金

 

火葬式プランの料金はこちらをご覧ください。

 

また、上記料金に消毒・清掃・感染症対策として別途22000円(税込)を頂戴しておりますのでご了承ください。

 

 

骨葬の場合

 

骨葬とは、火葬をしてから改めて日時を設定してお葬式をする方法です。

 

お葬式には遺族親族、ご友人などお招きしていただくことも可能です。

 

コロナウィルスで亡くなられた約半数ほどの方が骨葬を希望されております。

 

骨葬は自由に日時を決定できるので、ご家族に濃厚接触者や陽性者がいらっしゃった場合でも、隔離期間を置いて行うことが可能です。

 

他社で火葬を行われて、骨葬のみを行う場合でも家族葬会館四季の家泉南では承っておりますので、ご相談ください。

 

 

骨葬の料金

 

骨葬に必要な物を全てセット価格にして承っております。

 

骨葬プラン

330000円(税込)

セット内容

・家族葬会館四季の家泉南使用料

・司会進行係

・プランナー

・遺影写真(3点セット)

・祭壇(花飾りセット)

・仏具

・その他雑費

 

宗教者への御布施・飲食費・返礼品は別料金となります。

 

 

普通に家族葬をする場合

 

実はコロナウィルスで亡くなられた場合でも普通に家族葬を行うことは可能です。

 

但し、何点か普通とは違う点もございます。

 

①御棺の蓋は開けられません。

御棺の蓋は密閉いたします。但し拝顔窓から故人様のお顔を見ていただくことは可能です。また、お花や副葬品は納棺できないので、御棺の上へ手向けます。

 

②故人様の着替えや湯灌などはできません。

病院へお迎えに行った時点で納棺、密閉いたしますので必然着替えなどは行えません。病院で亡くなられて場合、最後の着替えは病院で行っていただける場合がほとんどなので、一度亡くなられた病院へお尋ねください。

 

③火葬場によりますが、入場ルールが異なります。火葬場へ入場できる人数に限りがある場合がございますのでご了承ください。

 

また、公共式場によっては、コロナウィルスで亡くなられた場合式場をお借り出来ない場合がございますので予めご了承ください。

 

家族葬会館四季の家泉南田尻町葬祭場はコロナウィルスで亡くなられた場合でも使用が可能です。

 

 

家族葬の料金

 

・公共式場の家族葬料金

 

・家族葬会館四季の家泉南の家族葬料金

 

料金に関しましては上記をご参照ください。

 

基本的にコロナウィルスで亡くなられた場合でも料金は変わりません。但し、消毒・清掃・感染症対策費として22000円(税込)プラン料金とは別途頂戴しておりますのでご了承ください。

 

 

お寺様の対応

 

弊社の経験上、お寺様によりますが、コロナウィルスで亡くなられた場合、火葬場での炉前読経・家族葬・骨葬などご遺族の希望により柔軟に対応していただけることがほとんどだと思います。

 

またほとんどの火葬場では、火葬場での読経は認めている事がほとんどなので、コロナウィルスで亡くなられた場合でもお寺様にお経を読んでいただけると考えていただいて結構です。

 

※一部、お寺様だけではなくご遺族の入場も断っている火葬場もございますので注意してください。

 

また、普段お付き合いのあるお寺様が無い場合、定額御布施でお寺様をご紹介する事も可能です。

寺院紹介サービスはこちら

 

火葬場の対応

 

火葬場にはそれぞれ異なるルールがございます。

 

基本的にコロナウィルスで亡くなられた場合は、「故人が最終的に住民票を置いていた市の火葬場」での火葬に限定されます。

 

また現在はほとんどの火葬場が入場の際には少数ではございますがご遺族のお見送りを認めています。

 

但しお骨拾いはできないできません。お骨は火葬場職員が拾い、壺に入った状態でご遺族へ返されるます。

 

火葬場によりルールが若干異なりますので、事前に弊社スタッフへご質問ください。

 

泉州地域の火葬場料金表はこちら

 

 

弊社へご依頼いただく場合

 

コロナウィルスで亡くなられて、弊社へご依頼をいただく場合、必ずご依頼の際に「コロナウィルスで亡くなった」とお伝えください。

 

お伝えいただけない場合、必要な物品(御棺など)をまた取りに帰ったりと、ご遺族様を待たせてしまう事になりかねません。

 

また、火葬は他社で行った方の骨葬のみのご依頼も承っております。

 

骨葬の場合式場は家族葬会館四季の家泉南でのご案内となりますので細かい点はご連絡いただければと思います。

 

ただでさえご家族を亡くされ大変な時に追い打ちをかけるようにコロナ死ということで苦しいお気持ちは御察し致します。

 

 

弊社へご依頼をいただければ後の事は任せてお休みいただけます。弊社は全従業員が「聞きやすい」「頼みやすい」応対を心がけております。また、葬儀のご相談・ご依頼は24時間365日承っておりますのでご相談だけでもお気軽にご連絡ください。

 

 

NEW

関連記事

人気記事

CATEGORY

ARCHIVE