お葬式にまつわるQ&A

2017/09/09

 

 

お葬式事について、よく質問される事について簡単にお答えします。

 

 

 

 

質問:ご遺体の鼻や耳などになぜ綿をつめるの?

 

答え:ご遺体に綿花を詰めるのは、口・鼻・耳・肛門から分泌物が出ないようにするためです。

 

 

 

 

 

質問:亡くなる前にお見舞い金を頂いたのですが、お返しはしなくてもいいの?

 

答え:お返しはした方が丁寧で良いでしょう。半返しか半返し以下のお品が妥当だと思います。

 

 

 

 

 

質問:喪主は誰がしてもいいの?

 

答え:喪主様は一般的に遺産継承者、またはお骨を後々まで管理する方が好ましいでしょう。近年ではお骨を永大供養し、お寺に預かっていただくケースも増えたので一概には言えませんが。施主様(式の中心者・葬儀代金を支払う方)が喪主様になられる場合が多いみたいです。

 

 

 

 

 

質問:亡くなった人のおでこにつける白い布の名前と意味は?

 

答え:天冠(てんかん)と言います。また地域によって「ぎぼし」ともいいます。中国から来た習わしですが、日本では昔は子供が冠がわりにつけていたそうで、亡くなられた後に子供となって生まれ変わるという意味合いがあるそうです。

 

 

 

 

 

質問:六文銭をお棺にいれるのはなぜ?

 

答え:死者が三途の川渡るときの渡し賃としてお棺にいれます。また宗派により六道輪廻するときの費用として入れます。

 

 

 

 

 

質問:家族葬ってどういうお葬式?

 

答え:「家族葬」って言葉は最近(90年代)出来たお葬式の形の言い方です。大勢の方を案内せず、一般的に近親者だけで執り行うお葬式を「家族葬」と呼ぶ傾向があります。家族葬の形に何の取り決めもなく、家族葬の在り方も人それぞれです。

 

 

 

 

 

有限会社 岸野セレモニー

電話番号 072-465-1955
住所 〒598-0091
大阪府泉南郡田尻町嘉祥寺867-1
営業時間 24時間365日
定休日 年中無休